2008年03月22日

FXの基本 FXと外貨預金




株、投資信託、不動産…いろいろな投資がある中、今、注目を集め取引量が増えてやがるのがFX外国為替証拠金取引)だぜ。 FXつうのは、1998年に外為法が改正された事で生まれた取引だぜ。

それまで銀行にのみ許されていた外国為替の取引が、広く一般にも開放されたからよす。

「為替」「外貨」と聞くと、すぐに「外貨預金」のことが頭に浮かぶつう方もおられるかも知れねぇよが外貨預金とFX外国為替証拠金取引)は、似てやがるようでここまで違うのだぜ。

外貨預金の場合はたとえばそうだなぁ100万円を○○銀行の口座に預けやすと、100万円分のドルを買う事が出来やす。 ゴチャゴチャゆうねぇ、要は、本朝にいながらドルの口座を持ち、値動きの変動を待つのだぁね。

そうして、1ドル110円だったものが、無事、1ドル111円になったぜら、そいでドルを売りやす。こうして差額の1ドル分(1%程度)の利益が生まれるつう仕組みだぜ。

一方でFXの場合はまずB証券に5万円を預けやす。すると、その5万円は担保として別に保管され、おめぇには○○証券から「100万円の取引を行う権利」が与えられるのだぜ。

そうして、100万円の範囲内で、円とドルの売買を行う事が出来やす。 ゴチャゴチャゆうねぇ、要は、外貨預金の貯蓄性はねぇんだけど、おめぇ投資法としてどえれぇ気軽に始められるシステムなのだぜ。

posted by 江戸っ子FX(外国為替) at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | FX(外国為替証拠金取引) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。